「ドンキーコング」をゲット

  • 投稿日:
  • by

わたくしがハマったレクレーション好機たち わたくしには3人の坊やがいて、在宅には3DSやWiiなどのレクレーションが好機あります。

私も坊やの間からレクレーションが好きで、最初に手にしたレクレーション好機は、任天堂の「ゲームウォッチ」でした。 小学生4年生の時、父さんが買ってくれました。

次女には「オクトパス」で、わたくしは「パラシュート」でしたね。

その1年あと、見事にゲームウォッチにハマったわたくしは、オールマイティーディスプレイの「ドンキーコング」をゲットしたのです。 その時代では画期的な、変動にウィンドウがついているというレクレーション好機でした。 中学なると、家事コンピューターが最高潮に。

今まで酷いウィンドウでしかできなかったレクレーションが、テレビジョンのウィンドウで行えるなんて最高でした。 「マッピー」や「稼ぎガ」など、腹一杯柔和がありましたが、 中でも「スーパーマリオブラザーズ」に大ボルテージでした。 当時、ハイスクール受験を控えていたわたくしは、誠に受験の3日光前まで「スーパーマリオブラザーズ」漬けで、 早朝からレクレーションばっかりしていました...。 ハイスクール受験には大丈夫満足しましたが、今自分の子供たちに「1ひとときだけよ」って注意しながら、内が痛みます。

ハイスクールに入学するという、さすがにレクレーションする時間がなく、少し距離を置くことになりますが、 今の主人って付き合い始めて、「スーパーファミコン」に出会ってしまうのです。

結婚してからも、2人で夜遅くまで「スーパーマリオブラザーズ」や、「踏ん張れゴエモン」など たくさんのレクレーションにハマっていました。そんな私たちは今、ラインにハマっています。特に掲示板サイトがおすすめなんです。このホームページがとてもいいですよ。

LINE掲示板でピンクな出会い

最初は一人で黙々と遊んでいました

  • 投稿日:
  • by

「戦国IXA」ネトゲの友達という飲みに出向くのが楽しくなるマッチ 戦国年が好きだからという理由で初めて登録したウェブマッチが「戦国IXA」でした。信長のやる気のようなものを想像していましたが、始めるという武将が カードになっていて、状況上げ以外に制作という方法で増強ができるところが奇抜に感じました。

最初は一人で黙々と遊んでいましたが、これからランカーと呼 ばれる戦争の成績上位人にこてんぱんに負けてしまうようになり、自然と連合に属して友達といった協力して競り合うことを企てるようになりました。連合に入 るという中談話であいさつから交渉が始まりました。戦争で合流殴り込みの顧客を募るようになると、段々友達精神が高まります。

その内全国各地に住む友達と は談話だけでは飽き足らず、近くに住んでいる人を集めてOFF会が開かれました。飲みながらその場で携帯や携帯からマッチにプロセスし、有料で武将を GETするくじ引きを一斉にするのが楽しみになりました。ネトゲの友達といっても、IXAのプレーヤーは度合い生まれが大きいので、ある意味組織を広げる のに良いマッチかもしれません。

というわけでゲームもいいですが、やはり男はセックスですよね。そのセックスのやり方を詳しく解説したサイトがあるので、ご覧になってください。オススメですよ。

セックスのやり方、仕方を動画で学ぶには?

http://www.beaconproject.org/

ギャルゲーの中では糖度が安い

  • 投稿日:
  • by

ボクがギャルゲームにハマった動機 ソーシャルネットワーキングサービスで農園ホッコリーナやサンシャイン牧場などの農業ゲームにはまり、DSで牧場講話というゲームをやり始めました。 このゲームは農業や畜産の合間に異性や成婚も講じるんです。 そんなことも知らずにやって、思いがけずドキドキしてしまったのが動機でした。 いま子持ちのママだし、もう異性のドキドキなどは縁のないものになっていました(笑) そうして脈搏しつつも、たまたま目にしたTELの異性ゲームの発表。 今にして思えば、クソゲーと呼んでもすばらしいくらいの鈍いゲームでしたが、 はじめて異性ゲームというカテゴリーを通して、迂闊にも牧場講話以上にドキドキしてしまいました。 そこではじめてギャルゲームというカテゴリーのものがあるということを知りました。 本格的にやってみたくなり、ネットで多々見つけ出しました。 そこで初めて購入したのが「緋色の欠片」というゲームでした。 シリーズ化されアニメ化もされた有名な題名です。 ギャルゲーの中では糖度が安いとされていますが...階ローリングしました。 ここではじめて人の想いには喜怒哀楽以外に萌があることを知りました。 そうして、2階級に恋する...という今まで「キモい...」としていたことが自分に起こりました。 大好きな第三者が実在しないというのがこんなに厳しいなんて...(笑) それから、子育てや勤めの合間にやっているので時がなくあまりたくさんはやれないでいますが、 いろいろやりました。 特に愛するのは、大正時がショーの「華ヤカ哉、我ガ一族」というゲームです。 好きすぎて、ある日俄然自分が大正時代に時刻スリップして仕舞う空論までしました。 ...もしも彼らが実在したら、私の祖父母より年上なんですがね...

親子でぷよぷよクエスト!

  • 投稿日:
  • by

親子でぷよぷよクエスト! 只今、ハマってある舞台は、スマフォのぷよクエです。はじめはキッズがやっていたのですが、いつしか親子で・・・いいえ、親の方がハマってしまっていま す。 ぷよぷよやっていたのが、高校生くらいのことなので、作風がすごく懐かしいです。メインで使っているのはアミティですが、キッズがどうもアルルが欲しいと いうので、魔導石を集めて、以前やっとの狙いでガチャで確保しました。 もう遊戯しはじめて1層くらいになりますが、飽きずに通常ちょこちょこ遊戯しています。普通のぷよぷよとは家柄が違い、なぞって消していくのですが、慣れ てくるとこっちの家柄のほうが簡単ですね。 あまり課金はしていませんが、十分に楽しめます。魔導石のギフトも多いので、セガって太っ腹だな~って思います。 個人で楽しむこともできるし、ギルドに入って、組織とわいわいプレイできるのもおかしいです。ギルドでしか潜入できない事柄もあるので、ギルドには早いう ちから入っておいた方がお得です。 今週もギルドの事柄があります。がんばってギャラを年中確保したいです。